慣れたでしょう

夕方突然こちら電話がかかってきた

まだ早いけどお彼岸のお墓詣りかと勘違いしていた私

先々週までは姑から電話がと待っていた願っていた

舅の7回忌法要でも電話のベルは鳴らないでふたりだけでお墓詣りだけで許してもらおうと結論を出した

土曜日出社になったから買い物もあるしいろいろと1ヶ月に1度しか帰宅しないとして貰うこと決める事が多いまとめてと予定行動を考えて少しダンナさんにはハードだけど

土曜日の夕方帰宅日曜日に買い物とお墓詣りの準備等を済ませて月曜日の朝お墓詣りをして赴任先にとその日の深夜には仕事だけど午前中に電車がまたトラブってもなんとか帰れるだろうと

昔の様には体はでも頑張ってもらうしかないと決めた

で今週帰宅する事に姑の感はするどい大抵ダンナさんが帰宅すると言う週に電話がかかってくる知っているのかと思うぐらいに

でもお彼岸は早すぎるしと思ったとたんに

「お父さんの7回忌法要28日にするから」
「はい」

良かった姑忘れないでされるんだと喜んだが28日ダンナさんお仕事ですそれも
深夜勤務で朝まで仕事してます

「すいません彼は仕事なので私だけ出席します2.3か月前なら休みもお願いできたと思いますが今仕事が忙しくて土曜日出社になっているので無理だと思います
一応連絡しますが」

「え休みじゃないの」

「はい仕事です」
内心だから正月に今1ヶ月に1度だと言ったでしょう土曜日出社なんですって
いつも忘れている覚えているのは自分の都合の良い事だけまぁいつもの事かとで

「それで何時ですか」

「まだお寺に電話していないからわからない」
やはりまたそうきたかそういえば前もすると言うのでではと時間を聞いたらまだ
お寺に電話していないと言ったよなでたしか2時過ぎとかいや3時だったかで
変な時間になってしまってお昼と夕飯兼用みたいになってその上お墓詣り忘れてたのよねみんな待つのに疲れてようやく終わったと気を抜いたせいだとは思うんだけど

「では決まったら連絡いただけますか聞いてみますので」

「うん連絡しておいてね」

「はい」
その前に時間決めろよお寺がOKと言ってくれるのかどうかもわからないのに

一応ダンナさんに連絡帰宅すると言うでもどう頑張っても帰宅できるのは1時過ぎ

さぁお寺が何時に来るのか午前中なら私達ご仏壇に手を合わせるだけにと
お墓詣りは予定どうりに行くと言う

「行かないやろあいつら普段行かないのに法要の時だけ行くか前も行かなかったし」
だからあなたがお墓詣りと言えばいいのよ
うーんそういう所ダンナさん徹底していて意地でも言わないしなぁー

かかってきたのは5時今10時なのに時間の連絡がない

それに法要と簡単に言うけど料理とかお供えとかどうするんだ?

孫達も呼ぶのか呼ばないのかそれを聞くのを忘れたお供え人数分用意しないといけないのにご仏前のお金いくらだ

毎度繰り返されることだけどどうしていつも急なのよ

もしかしたらお寺から彼岸法要の案内で舅の7回忌を知ったとか
喉仏だけお寺に収めている関係で毎月法要するはずがないから彼岸法要の時に一緒にと考えるのではとだからお布施は定額ではなく7回忌法要の割り増しの案内とかが
届いたのではないかと推測

どう考えても連絡は最低でも1ヶ月前なのに連絡はいつも1週間前バタバタと振り回されイライラを募らせ
バタバタしているからいつも何かが忘れられていて恥をかくと言うかごめんなさいと
謝る事が多いのだ

今度こそと思うが毎回これだから慣れたでしょうと言いたいけど慣れる事はない

さて姑の言うとおりに法要できるかしら
と言っても準備するのはお義姉さんだけどその点助かってます私無理です